クレジットカード」カテゴリーアーカイブ

社用車とガソリン

今年会社創立20年になる運送会社を営んでいる親戚が
10トン車のトラックを数台を増車するというので、
営業車両のドライバーと社用車の管理に頭を悩ませているらしい。
営業業務で誌王する車両は商用バンや軽自動車での社用車が主になりますが、
10tをはじめ8tから4トンのトラックドライバーは、
中距離及び近距離配送で高速道路はもちろん主要幹線道路を走行するので、
最近かなりサービスステーションでの給油の回数と給油量も
大幅に増加しているというのがこのところの懸念材料でもあります。

10t車のような大型車両の燃料は軽油なので、ガソリンに比べれば
安価ではありますが、昨今の中東情勢における燃油高騰のあおりを
直接受けてしまうことによって営業利益が圧迫されることには違いありません。
燃油コストに関しては会社会社設立当初より、正社員雇用しているドライバーに、
持ち出しで一旦スタンドでの給油料金を立替してもらい、
ドライバーさん単位で月末か、配送後その都度SSの領収書を経理に提出してもらい
かかった燃油経費を計算しその分の料金を会社から小払いしています。

業務として運送・配送をとりおこなう会社と言う事で
複数の大型車両や普通自動車、さらには営業用の社用車である軽自動車など、
様々な車両に対する燃油コストがかかってきます。
上記の業務車両に給油した分の燃料費経理はすべて
経理部署の社員である事務員がすべての請求書及び領収書を計算し
月末に契約をしている各サービスステーションや
取引先石油会社への支払いを行う形になっています。

ただ、全従業員が一斉に月末時になって運転している社用車の燃料費を
個々に経理に請求書を回したりすると経理部の社員の仕事の負担が
許容範囲を超えてしまうため、経営会議の後社用車 ガソリンカードを活用することになりました。
1ナンバーと4ナンバーの貨物登録車両が多いため、
軽油の給油が多いのですが、トラックの燃費の面からも積載量との
兼ね合いは問題になってくることが多いのです。
燃油経費を削減するためには一度の輸送で積載量を増やすのがいいのですが、
長距離走行と人件費、そして輸送利益に見合った給油量であれば
ガソリンや軽油の経費がある程度高騰したとしても
今後ハイブリッドや電気自動車が増えてくるなら大型トラックも
中東の石油産出国における原油価格が国際情勢影響されても、
会社の業績を圧迫しないですむようになるんじゃないかと思います。

取引先への営業に使う普通商用車等の社用車に関しても、
現行で販売されている燃費が低い車種を選択し、
リースで導入することを念頭においているので、
なるべく会社で使う業務用車両における車両コストは一円でも削減するため、
ガソリン給油や軽油の給油時にかかる料金に関して、
ムダに給油量ばかり増やすのではなく、効率的な営業活動と社用車の活用で、
燃料経費削減と営業利益の向上が目標になってます。

早くカードを作るのは

この頃何でもスピード化しているからか、急に出張が決まったり、
海外旅行でもあんまり余裕のないスケジュールで決まったりすることも多い。、
もともとショッピング好きの事もあってクレジットカードは持っているけれど、
海外で使えるクレジットカードを持っていなかったから、
新しくカード申し込みでもしようとネットから申し込んだ。
クレジットカードもスピード発行ができるので、
早いものは今日中に作れるクレジットカードすらあるのだから驚く。
ただし、カードは受取に行けるものだといいが、そうでない場合は郵送なので、
何でもかんでもその日のうちにできるとは限らないのだ。
早くカードを作るのはその手続きが早く進むことに関していいことも多いけど、
使うクレジットカードはじっくりと選びたい。

ネットでショッピングした時に

インターネットで買い物をする機会が増え、クレジットカードで決済をするようになりました。それま
では代引きを利用していたのですが、せっかく安く買い物をしても手数料がかかってしまいました。ま
た代引きだと自宅にいなければならず不便でした。

クレジットカードにもよるのでしょうがリボ払いなどいろいろ選べるところが今のカードで気に入って
います。また様々な特典があり使っていてお得だと感じます。急な出費があって手持ちがない時などは
助かります。

ネットでショッピングした時にクレジットカードで決済すればあとは商品を届けてもらうだけなので本
当に手間がかからず便利です。

この様にクレジットカードは上手に使う事で生活の幅が広がるというように今では考えが変わりました。
今後も利用していきたいと思います。

カードを発行しようとする時は

みなさんも最近はクレジットカードを持ちたいと思っているという方は多いと思います。
ですが、意外とクレジットカードを発行する際には注意すべき事があります。

それは何かというとそれはクレジットカードの発行の際にはその人が消費者金融等からお金を借りていないか等信用情報機関に
問い合わせてその人の身辺調査を行うからです。

しかも、この信用情報機関というのが厄介で一度でも消費者金融と関係を持つとたとえクレジットカード発行の際に借金がない
時でも借り入れの時から数年間は信用情報機関のブラックリストに入っています。

ですから、みなさんもクレジットカード発行の際にはクレジットカードが【即日発行】メリットとデメリットそれまでに自分が消費者金融等と一切関係がなかったかどうかきちんと確認して
から申し込む事をおすすめします。そうしないと、せっかく申し込みをしてもどこのカード会社からもクレジットカードが発行されない
ので注意が必要です。

それは私が実際にほんのちょっと消費者金融と関係を持ったためにクレジットカードの発行ができなかった体験から確かな事です。
なので、みなさんもこれからクレジットカードを発行しようとする時は十分に気をつけた方が良いと思います。

それさえクリアできれば多くの場合よほど問題がない限りクレジットカードの審査に通ると思います。

クレジットカードをたくさん持っている

まさかと思い、見せてもらったのです。友人はいつもクレジットカードをたくさん持っていると、かなり自慢してくるのです。絶対嘘だと思っていたのに、本当だったのです。
なんと友人の財布には七枚、そして自宅にはお菓子の缶に入ったものが八枚もあったのです。どれも年会費無料なので、持っているだけなのです。
でも中で使っているものはたったの一枚です。擦り切れて何度も使っていたかのようなクレジットカードなので、よくわかるのです。これだけです。
だったらほかのものは解約をしたほうがいいとすすめたのです。もしも盗まれたらとても大変だと思います。自宅に泥棒でも入ったらと考えると、怖くなってきます。
でも友人は聞く耳を持ちません。趣味だから持っていたいと言うのです。私にはそんな趣味がないので、よくわからないのです。
私もよくデパートで買い物をした時に、すすめられるのです。「クレジットカード作りませんか」と声をかけられます。でも面倒なのは嫌いなのです。
友人は声をかけられるたびに、申し込みをしています。そんな簡単なものだなんて、思ってもいないのです。だから私はもつ事を怖がっているのでしょう。
でも最近思う事は、一枚ぐらいあってもいいかなと言う事です。

カードと国民年金保険料

クレジットカードで国民年金保険料を払えば割引が受けられるのですか・・・?という質問を受けたら、私は、割引が受けられます!と回答します。普通のクレジットカードなら、国民年金保険料を払っても、割引を受けることはできません。

なぜなら、普通のクレジットカードで国民年金保険料を支払っても、ポイントが付かないので、実質的に割引とはならないからです。つまり、普通のクレジットカードで国民年金保険料を払うメリットは、便利なだけです。今回は、あるクレジットカードに入会することで、国民年金保険料を支払うだけでポイントがつく!という秘策をご紹介します!

ズバリ!国民年金保険料を支払ってポイントがつくクレジットカードは、ライフカードです!ライフカードに入会して、国民年金保険料をクレジットカード決済にすることができれば、毎月の支払いでポイントがつくるのです!つまり、ポイント分の割引を受けることができてしまうのです。

ライフカードに入会するだけで、国民年金保険料が割引されてしまうなんて、こんなに凄いメリットはないでしょう!これから、クレジットカードを選ぼうとお考えの方は、是非ともライフカードがお勧めです!ライフカードいは、お誕生日ポイントやスペシャルボーナスなどの嬉しい特典も用意されているので、楽しみながらポイントを貯めることができます!どうせ払わなければいけない国民年金保険料なら、ちょっとでも割引してお得に払いましょう!

クレジットカードに関する私の思いと経験

クレジットカードを持ちはじめたきっかけは、インターネット通販での支払いをするためでした。それまでは、代金引換や振込みなどを選択していたので、現金を用意したり銀行などに行くなど手間がかかりました。これでは、せっかく気軽にネットショッピングをしたのに、支払いの手間で結局プラスマイナスゼロという不本意な結果でした。クレジットカード自体はネット申し込みクレジットカードを申し込みました、クレジットカードもやはり発行はすばやいスピード発行がいいですからね。こうやってカードを持ち始めてから、決済も楽で、しかも購入した分だけポイントも付与されるので、プラス面が大きくなりました。
インターネット以外で使って便利だと感じたのは、ガソリンスタンドでの支払いです。それまで、フルサービスでは車の窓ごしに現金の手渡しをするので、おつりで細かい金額をもらうと、店員さんも自分も小銭を落とさないように気を使わなければなりませんでした。しかし、カードであればサインのみで済むので、そんな心配もなくなりました。また、セルフスタンドでは、おつりは給油したのとは別の機械まで取りに行かなければならないという方式のところが多いので、いちいちスタンドを横断して機械まで行くのが煩わしかったのですが、カードであれば、機械にスキャンさせるだけで済むので、こちらも大幅に手間が減りました。
今までなにげなくしていた行動もこんなに楽になるとは、カードを持って初めて気付きました。
私の家内は、クレジットカードのポイント還元マニアです。とにかくなんでもクレジットカードで支払うことにして、ポイントを還元することを生きがいとしています。通常の買物はまだいいのですが、電気代、水道代、ガス代などの公共料金に加え、携帯電話料金やプロバイダー代まで、クレジットカードの引き落としです。
確かに、クレジットカードの引き落としにすると、使用料の0.5%から2.0%がポイント還元されるので、決して損はしません。我が家は高熱水費だけでも年間50万円は使うので、ポイント還元はなんと10,000円にもなります。
そして、先日さらに裏技を仕込んできました。固定資産税や自動車税などの税金を納める際には、ほとんどの電子マネーで支払うことができるのですが、このときにクレジットカードから電子マネーにチャージするだけで、クレジットカードには、チャージ分だけ、ポイントが還元されるというおいしい話です。我が家は税金関係だけでも年に50万円は支払うので、この方法を用いれば、年に10,000円は還元されることになります。
現代生活を送るための基礎的な支払いをクレジットカードで支払うことにするだけで、年間2万円ものポイントに還元できるというのは、とてもおいしい話です。10年間続ければ20万円、30年間続ければ60万円ものポイント還元になります。
クレジットカードを使用している人には、ぜひともお奨めしたいです。